yattraブログ

島根県の中山間地域でヤギやウコッケイたちと持続可能な農的暮らしをはじめました。無農薬のお米や野菜をつくっています。

令和3年産 農薬・化学肥料不使用 新米は完売しました!

令和3年産 農薬・化学肥料不使用 新米コシヒカリは完売しました。
 
ほんとうにありがとうございます。
 
この社会で私たちのような小さな農業を営んでいくのはおもしろいことも厳しいことも多種多様にありますが、確かに言えるのは、みなさまの応援がとても力を与えてくれます。そして続けていくことができています。
 
自分たちがよいと思えるもの、みなさまによいと感じてもらえるものを作れるよう、ひきつづきやっていきます。よろしくお願いいたします。
 
美しい世界に生きたい!

f:id:yattra:20211116223009j:plain



まもなく!yattra「収穫祭」@D_MALL京都

 稲刈りがようやく終わり、まもなくD_MALL京都での「収穫祭」が始まります!

 

f:id:yattra:20210915112128j:plain



私たちも明日、刈りたてほっかほっかのお米を積んで、子どもたちと京都へ向かいます!

私の在店日は初日17日(金)です。

みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

 

d-mall.co.jp

「農薬・化学肥料不使用 新米コシヒカリ (天日干し)」SOLD OUT

新米のご注文をいただきありがとうございます。
 
お米つくり2年生の私たち、新米の炊飯を試行錯誤しています。瑞々しくて通常の水量で炊くと、とってもやわらかいごはんが出来上がります。みなさまはどのように上手く炊いているのでしょうか。

f:id:yattra:20210911194815j:plain


ありがたいことに、「農薬・化学肥料不使用 新米コシヒカリ (天日干し)」 は完売しました!
 
山に見守られ、おひさまの光を浴び、ときに雨にも打たれ、12日間、ゆっくりと追熟されたお米はどんな個性を持っているのだろう。
 
「農薬・化学肥料不使用 新米コシヒカリ 20kg、10kg、5kg」はひきつづき販売しております。
 
詳細はホームページ をご覧ください。よろしくお願いします!

「yattra 収穫祭」@D_MALL京都

感謝とよろこび。

f:id:yattra:20210911194711j:plain

--
D_MALL京都店にて展示販売会をさせていただきます。
 
「yattra 収穫祭」
 
期間:9/17(金)ー26(日)
 
会場:D_MALL京都店  

https://d-mall.co.jp/

 
D_MALLの紹介は、いまさら僕がする必要もないと思いますが、洋服はほんとに長く着られます。また今回のように、食べものにも関心を持ってくださったり、日本の貴重なお店だと思います。
今回は布ではなく、収穫したばかりの新米をお持ちします。持ち運びしやすい少量なものが主となる予定です。
京都のいえのぐさんとkakalaさんと写真家小檜山さんも協力してくださります。
台風さんよ、どうかお願いしますね。。
 

f:id:yattra:20210911194815j:plain

f:id:yattra:20210911195037j:plain

f:id:yattra:20210911195053j:plain

f:id:yattra:20210911195115j:plain

f:id:yattra:20210911195133j:plain

f:id:yattra:20210911195203j:plain

f:id:yattra:20210911195224j:plain

f:id:yattra:20210911195239j:plain

ぴかぴかのお米ができました!

 ぴかぴかのお米ができました!

 

f:id:yattra:20210907193050j:plain

4月の種蒔きから9月の稲刈りまで、厳しく豊かな時間を共に過ごしたお米。今年の味はより研ぎ澄まされているように感じます。

 

この土地の環境に感謝しながら、収穫の喜びを実感しております。

 

f:id:yattra:20210907193409j:plain

泥まみれになりながらも、いきものたちの住処を保持していると、田んぼの周りではいきいきとした世界が広がっていました。なかには稲の葉を食べるイナゴや穂をついばむスズメたちにも人気がありました。ほどほどにしてほしいなと思いつつも、そんな目の前の世界を美しく感じました。
 
種から芽が出て、いっぱいの茎が広がり、一本に140個以上の穂がついて、小さな花が咲き、緑から黄金色に変わり、いくつかは人が食べ、少しニワトリが食べ、また種へと循環していく、それはあたりまえのことかもしれませんが、私たちはほんとうに美しく思います。

f:id:yattra:20210907193521j:plain



採れたて!の令和3年度産の新米を販売します!

 

品種はコシヒカリ、分つき米や玄米でも美味しく食べれます。

 

ご注文は、yattraの新ホームページから

www.yattra-farm.com

、またはメールyattra_textile@yahoo.co.jp

またはfacebookのメッセージより、

お願いいたします!

 

 

f:id:yattra:20210907193551j:plain

 

*ただいま稲刈り(手刈り!)の真っ最中、天日干しはもう少し干しておりますので、発送開始は来週月曜日(13日)からになります。

**天日干し分は仕上がり次第、お知らせします!

 

 

草を持ち上げると

田んぼの水路を掃除していました。
 
雪や雨で流れついた草を持ち上げると、そこにはドジョウや小さなエビが住んでいました。つやっとしていて踊り食いしてみようかと思いましたがやめておきました。カニやイモリはいつものように田んぼの周りで過ごしています。
5月、田植えが終わるとまもなく、オタマジャクシ、イトミミズ、ヒルだけでなく、カメやヘビもやってきて田んぼの中はにぎやかになります。
6月からは満点の星空の下、カエルの合唱、ホタルが祝福の舞いを見せてくれます。
この環境に感謝して、これからもずっと見ていられるようお米つくりを続けていきます。

f:id:yattra:20210218191945j:plain

富山町
*ありがたいことにたくさんのご注文をいただき、黒豆の販売はまもなく終了いたします。お米は引きつづき販売しておりますのでよろしくお願いいたします!

黒豆を販売します!

f:id:yattra:20210209170657j:plain

 

富山町に移住して、しばらく使われていなかった農地を開墾して青大豆と黒豆を植えました。ほんとうに長く続いた長雨の最中に植えたのでどうかなあと心配もしていたのですが、ほとんどが発芽して元気に育ってくれました。

その後、夏の暑い時期にここを訪れてくれた方たちが雨にも風にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な土寄せをしてくれました。そのおかげでぷっくり太った実がたくさんつきました。

 

夏の枝豆もほんとうに美味しくて、労働のあとのお酒にもばっちりだし、

今年は枝豆もみなさまにお届けできればいいなと考えています。

f:id:yattra:20210209170837j:plain

 

晩秋、鞘から豆が弾けるくらいになってようやく収穫に入りました。(弾けて落ちた豆はキキとブンが食べてくれることでしょう。。)そこから今に至るまで、脱穀、選別の毎日です。単純作業のようですが、これが楽しいんです。刺繍にも似ているような。

 

今回お届けできる黒豆の品種は、丹波黒大豆、赤名黒姫丸(島根県の固定種)、富山町で種を繋いでいる黒豆のミックスになります。すみません、お正月にも節分にも間に合いませんでした。。

(なぜ品種がミックスかといいますと、、植え付け~選別までの行程において完全に品種を別けられているとは言えないためです。)

 

f:id:yattra:20210209170917j:plain

 

・900円/500g

 

*500g単位でのご注文をお願いします。

**送料は、一律370円(レターパックライト)になります。

 

ご希望の方は、

メールyattra_textile@yahoo.co.jp、またはyattraのfacebookのメッセージへ

「お名前」、「お届け先の住所」、「ご希望の量」、「ご連絡先(電話番号)」をお知らせください。寺島のメッセンジャーでも大丈夫です。

まだ選別途中の豆もありますので、もしかしたら少しお待たせすることがあるかもしれません。大きな心でお待ちいただけると幸いです。

 

なお、農薬は使ってません。肥料もほどこしていません。

よろしくお願いします。

寒波がやってきたとき

f:id:yattra:20210118170411j:plain

 寒波で外にでられないときは家仕事を進める絶好のチャンス!とばかりに、ダラムサラ(インド北部にある、チベット亡命政府の拠点)からのライブ「気候変動の悪循環という危機」について、を聴きながら麹を温め、簿記を進める。傍らでは妻が黙々と黒豆と青大豆の調整。

f:id:yattra:20210118170425j:plain

ニュースでは鳥インフルエンザの報道。大規模養鶏工場の現状を知ると、10個100円程の卵やブラジル産の鶏肉は買えない。

陽射しを浴び、土を掘り、草や虫をついばみ、走り回り飛び回り、寒風を受け、ぎゅーっと身を寄せ合い眠る、ここでウコッケイたちがのびのびと生きているのは嬉しいし、彼らはほんと強い。

f:id:yattra:20210118170158j:plain

f:id:yattra:20210118170233j:plain

f:id:yattra:20210118170301j:plain



晴れ間が出たら外へ飛び出す。

 

銀色をかきわけたら緑が出てきて、干し草に飽きていたキキとブンは喜び無我夢中で緑を食んだ。それを見た僕たちも楽しくなり、汗かくほど何度も何度も滑り降りた。

白に埋もれていたニンジンとカブは甘みを増していた。

f:id:yattra:20210118170338j:plain

(西山)

 

Have a nice trip 2021!

あけましておめでとうございます
 
真っ白な景色に包まれお正月を迎えました。幸い雪かきをするほどではなく、子どもたちもサンタさんにもらったソリで遊んでいました。そのあと家族みんなで近所の神社(無人)まで歩き、ゆっくり温泉にも浸かりました。
 
今年もみなさまにとって新しく平穏で幸せな年になりますように。
 
yattraのお米もひきつづき販売しております。低温下で保管しておりますので、良い感じで鮮度を保っていると思います。
--
◇5㎏ 2,800円(+送料 ゆうパック60サイズ)
 
◇10㎏ 5,500円(+送料 ゆうパック80サイズ)
 
◇20㎏ 11,000円(送料込み) *2回目からの20㎏ 10,500円(送料込み)
 
・玄米・八分つき・五分つき・白米よりお選びください。※精米は無料です。
 
・ご注文方法:メール yattra_textile@yahoo.co.jp、またはfacebookのメッセージへ、
「お名前」「お届け先」「ご連絡先」「ご希望の分量と精米」
 
をご連絡ください。
 

 --

f:id:yattra:20210102105803j:plain

今年もよろしくお願いいたします!

美しい世界

 20代の頃、インドのヴリンダーバンという町で今にも死にそうなおばあちゃんが車で運ばれて行くのを見ました。おばあちゃんは震えながら「ハレクリシュナ…」と言いつづけ、両手を固く結びお祈りしていました。
 
その光景がずっと目に焼き付いています。
 
私は泣いていました。涙の理由はその時は分かりませんでした。死ぬかもしれない人を前に涙が出た、というだけだったのかなと思っていました。
 
今年の春からここで暮らし初めて、よくその時と似た感情が現れます。
 
田んぼで草取りしてるとカエルの親子が稲にしがみついていたり、飛ぶ鳥の羽ばたく音、ホタルがふわりとまるでこっちだよと誘っているように飛ぶこと、動物たちの眼差し、稲刈りの匂い、星空、獣たちの鳴き声、マタギたちの手。
美しさを感じることがたくさんあって、たまに胸がきゅーんとする。
 
インドのおばあちゃんの時も、私は「美しい」と思ったのだと。
死を前に祈るおばあちゃんの姿は美しかった。
年の瀬にそんなことを考えながら過ごしています。
 
そして、美しい世界をみたい、と思いながら私は生きている。そんな気がします。
もちろん、その世界は自分で生み出すこともできる。
お米をつくることもそのひとつです。
 
今年、yattraのお米をお買い上げくださったみなさま、本当に感謝しております。このように評価してくださる方がいることはとても力になります。来年もお米つくりに励むことができそうです。
 
ありがとうございます!
2021年がみなさまにとって幸せな年でありますように。
(薫子)

f:id:yattra:20201230141910j:plain